ゲーム実況関連

【初心者向け】動画投稿とライブ配信やるならどっちがおすすめ?【ゲーム実況のやり方】

動画投稿とライブ配信どっちがおすすめ?
いっせい

どもっ。いっせいです

  • YouTubeでゲーム実況を始めたけど、動画投稿とライブ配信どっちがおすすめなの?
  • 動画投稿とライブ配信、それぞれのメリット・デメリットを知りたい

そんな疑問にお答えします。

趣味でやるならどちらでも構いません。

チャンネル登録・再生回数を増やしたいと思うのなら

動画投稿がおすすめです

なぜ動画投稿がおすすめなのか。ライブ配信は駄目なのか。それぞれのメリットとデメリットを紹介します。

この記事を読むことで

  • 少しずつチャンネル登録・再生回数を増やす事が出来る
  • 間違った努力をしなくて済む

そんなメリットがあります。

いっせい

きっと今より良いチャンネルになりますよー!

動画投稿のメリット

動画編集

投稿した分だけ再生回数が積みあがっていく

一番の理由はこれです。1日10再生しかされない動画でも、100本集まると1000再生になります。

チャンネル登録が増えると再生回数も増えていくので、少しずつでも検索で再生されるような動画作りがおすすめです。

収益化すれば再生回数に応じて収益が発生する

チャンネル登録1000人以上、総視聴時間が4000時間を超えれば収益化することが出来ます。

最初は微々たる金額かもしれませんが、寝ている間も収益が発生していると思うと嬉しいですね。

編集で面白いところだけ使うことが出来る

繰り返しの戦闘や、見どころの無いシーンはバッサリカットしたり、効果音がBGMを付けて面白く演出することができます。面白くないシーンは視聴者が離脱したりスキップしてしまうので出来るだけ編集した方が良いです。

撮影だけして編集は外注することも出来る

編集する技術や時間が無い場合は、お金を払って編集を外注することも出来ます。

クラウドワークスやランサーズでワーカーさんにお願いすると、大体1本3000円~5000円くらいが相場のようです。

まとめて撮影しておけばスケジュール登録で投稿出来る

例えば、1日目は動画のネタを7本考える。2日目は7本撮影。3日目以降は編集作業。

こんな風にまとめて作業してスケジュール投稿してしまえば、例え毎日投稿だとしても休みの日を作ることができます。

動画投稿のデメリット

動画内容を考えるのが大変

YouTube始めたてだとチャンネル登録者が居ないので検索で動画を見つけてもらうしかありません。

検索に引っかかるようなキーワードを使って動画の企画を考えないといけません。

トレンドを調べたり、関連キーワードを調べたりして検索されそうな企画を毎回考えます。

1人で喋るのがつらい

誰も居ない部屋で1人で喋り続けるのはつらいです。

ゲームしながら独り言を言い続けないといけないので、撮影しながら「あれ?俺なにやってんだろ。。。」と思うかもしれません。

友達とボイスチャットしながら撮影したり、台本がある動画ならやりやすいと思います。

編集が大変

カット・テロップ・効果音・画面効果・BGMなど付けていくと、簡単に編集しても1~2時間かかります。

凝った編集にすると5時間以上かかることも当たり前です。

編集を外注するとお金がかかる

当たり前ですが、編集を外注するとお金がかかります。

収益化されていない状態だと、1本3000円だとしても月10本外注すると3万円かかります。

お金がいくらかかっても構わなかったり、どうしても時間がない場合は最初から外注するのもありだと思います。

企画して撮影して編集したのに全然再生されない

動画投稿で一番つらくてモチベーションが下がるのは、頑張って動画を作ったのに全然見てもらえないことですよね。

お金かけて時間かけてようやく1本出来上がったのに、100再生もされなければ辞めたくなるのも当然です。

最初は「できるだけお金をかけない・編集に時間をかけない動画」を心掛けた方が長続きすると思います。

全く編集しなくて良いというわけではありません。編集に時間がかからないような撮影をする。どんな動画にするかあらかじめ構成を考えておくと編集に時間がかかりません。

ライブ配信のメリット

ライブ配信

手軽に配信出来る

最初に配信の設定さえしてしまえば、簡単にライブ配信できます。

編集しなくていい

企画を考える必要もないし、編集に時間を取られることもありません。

僕もゲーム実況を始めたての時は、「頑張って動画編集しても再生されるか分かんないなら、ライブ配信の方が手軽に撮影できるし、そこでチャンネル登録してもらったら良いんじゃない?」

と思ってライブ配信ばかりしていました。

視聴者とコミュニケーションがとりやすくて楽しい

同じゲームが好きな視聴者が検索からやってくるので、一緒にゲームをプレイしたりイベントをしたり、楽しくライブ配信することができます。

投げ銭(スーパーチャット)がもらえることがある

収益化されたチャンネルだと視聴者から投げ銭(スーパーチャット)がもらえることもあります。

僕もライブ配信していた時は毎月2~3万円投げ銭してくれる視聴者さんもいました。

ですが、投げ銭がない時はほぼ収益がなくなります。

ライブ配信のデメリット

ライブ配信しないと視聴されない

当たり前ですが、動画投稿と違ってライブ配信していないとほぼ0再生です。

ライブ配信じゃないと視聴されない

動画からファンになってくれた人はライブ配信も見てくれますが、ライブ配信からファンになってくれた人はあまり動画を見てくれません。

なぜなら、ライブ配信に価値を感じているからです。

  • 配信者とチャットで話したい
  • 一緒にゲームをプレイしたい
  • ゲームをクリアする瞬間を共有したい

そんな思いで視聴してくれています。

ライブ配信を休めない

チャンネル視聴者は、「毎週何曜日のこの時間に配信しているから見に行こう」と思っています。

ライブ配信が休みがちになるとチャンネル登録者が離れて行ったり収益が下がる原因になります。

ファンが居ないと視聴されない

そもそもファンが居ないと0視聴も当たり前です。

アーカイブに残しても視聴されない

視聴者はコミュニケーションを取りたくてライブ配信を見てくれるので、よっぽどのファンでない限りアーカイブ動画は見てくれません。

長時間の配信になりやすい

1時間、2時間とライブ配信しているうちにポロポロと視聴者が集まってきます。

なので大体2時間以上配信の時間を確保しないといけません。

視聴者とのトラブルや視聴者同士のトラブルが発生する

視聴者との距離が近すぎると、視聴者と揉めたり、視聴者同士で喧嘩したり、配信を荒らされたりします。

意外と気をつかう

常に人に見られている状態なので意外と気を使います。(気にしない人もいます)

まとめ

手軽に始められて気軽にできるのはライブ配信ですが、先々を考えると動画投稿の方がおすすめです。

正直言って、動画投稿の方が面倒です。

企画しないといけないし、撮影も編集もしなくてはいけません。

ですが、頑張って作った動画は少しずつですが積みあがっていきます。

ライブ配信は手軽ですが、ほとんど何も残りません。

趣味でやるならライブ配信も楽しいですが、チャンネル登録・再生回数を増やそうするのであればおすすめしません。

もしライブ配信をやるのであれば、動画投稿でファンを沢山作ってから始めるのをおすすめします。

いっせい

以上です。次の記事でお会いしましょう!じゃねばーい!