NFTゲーム

【NFTゲーム】Kemonoverseの紹介【NFTWorlds】

いっせい

どもっ。いっせいです

今回はKemonoverseというNFTゲームについて紹介します。WLのGiveawayもやっているのでぜひ最後まで見てください。

Kemonoverseとは

Kemonoverse(ケモノバース)はPolygonチェーンで遊べるNFTゲームです。

NFTWorldsというマインクラフトのゲームを利用したプロジェクトがあるのですが、KemonoverseはNFTWorldsのランドNFTを購入し、そこに建造物やゲームシステムを組み込んでP2Eで遊べるようにしています。

簡単にいうと、マイクラを遊んでトークンを稼げます。

KemonoverseはNFTWorlds公式から認証を受けている安心できるプロジェクトです。

Kemonoverseが所持しているNFTWorldsのランド(Opensea)

プレイヤーはKEMONOをマインクラフト内に召喚し、 自分のペットのようなものとして遊びます。

  • KEMONOどうしを戦わせ、勝敗でトークンが配布されるアリーナ
  • KEMONOを相棒に強大な敵と戦うレイドバトル
  • デイリークエストへの挑戦
  • それらの結果等に外部からBETできるカジノシステム

これらのゲームを遊んでトークンを稼ぐことが出来ます。

トークンは稼げませんが、デフォルトのアバターを使って無料でプレイすることもできます。

アリーナについて

アリーナでは、オートで自分のKEMONOと他のプレイヤーのKEMONOが戦います。

勝利すると報酬が得られます。バトルの結果は、毎日リセットされるランキングに掲載されます。

トップランクのプレイヤーには、特別な装備が入ってる可能性があるBOXが手に入ります。

クエストについて

クエストは毎日更新されます。

すべてのプレイヤーが協力してボスを倒すレイドバトルや簡単なタスクミッションもあるようです。毎日のクエストに加えて、予期せず発生する特別なクエストもあります。

カジノシステムについて

カジノゾーンでは、競馬、カードゲーム、ルーレットを楽しむことができます。

必要なもの

マインクラフト

プレイするにはマインクラフトが必要です。

KemonoverseはJava版・統合版(BE)どちらも対応していますが、まだ購入されていない方は今後NFTWorldsをプレイすることを考えるとJava版をおすすめします。

マインクラフト公式ページ

Kemono NFT

Kemonoverseでトークンを稼ぐにはKemonoというペットNFTが必要です。

KEMONO NFTには、武器や色、背景など、それぞれにレアリティがあり、レアなアイテムほど獲得できる報酬が高くなります。


KEMONO NFTの初回販売時には、数体しか存在しない幻のKEMONOもいるみたいです。

NFTのセールは5月中旬を予定しています。

WLで手に入るGEN0のKemono NFTは強力なアビリティを持っているそうなので手に入れたいですね。

プレイ方法

まだトークンは稼げませんが、Kemonoを持っていなくてもKemonoverseのサーバーに接続することができます。

サーバーアドレス: mc.kemonoverse.io

Java版の接続方法

統合版の接続方法

WL Giveawayについて

今回は最初のNFTセールで使えるWLを10名の方にGiveawayします。

強力なアビリティを持つGEN0Kemonoアバターを優先的に購入できるチャンスです。

こちらのWLはOpenseaで取引できるNFTチケットになっています。

応募はTwitterのこちらのツイートからお願いします。〆切が短いのでお早めに!

おわりに

キャラクターも可愛くてマイクラが好きな人にも、まだマイクラをやったことが無い人にもおすすめです。

NFTを購入したあとのウォレットを接続する方法などは公式からアナウンスがあると思うのでDiscordやTwitterをチェックしてください。

ホワイトペーパー

Kemonoverse公式Discord

Kemonoverse公式Twitter

WL取引ページ(Opensea)

Kemonoverseが所有するNFTWorldsのランドNFT(Opensea)

NFTゲームは投資です。

投資をする際はご自身でしっかり調べて自己判断・自己責任でお願いします。

どれくらい稼げるかの収益は一例です。参入時期やガチャのレアリティなどで収益は大幅に変わるので十分注意してください。

ゲームリリースなどのスケジュールは変更になる場合があります。必ず公式の情報を確認してください。

いっせい

以上です。次の記事でお会いしましょう!じゃねばーい!